本文へスキップ

大師流小児はりの会本部は世界中の子供たちの笑顔を守るためにある小児はりの会です。

130年の伝統治療を守り続ける小児鍼灸の老舗

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します



大師流小児はりの会本部は、鍼灸師・鍼灸学生・医師のための
小児はりができる鍼灸師を育てる」会です。

「子供の笑顔を守りたい!」「子供の笑顔は地球の宝」……。 
 もっと鍼灸師ができることがあるという思いから小児鍼技術の伝承と小児鍼の普及を目指し発足した。しかし、児童虐待や育児を苦にした母親の自殺や心中など心の痛い事件が多い時代。 その原因の中には小児鍼の適応症が多く含まれていることに警鐘を鳴らす「大師流三世谷岡賢徳」。
「今やらなければ子供から笑顔が消える!」と若い鍼灸師たちに伝統治療を普及することを心に誓った。当会はそんな小児はりの会である。会を発足して20年・・・。
130年間門外不出とされてきた「大師流の秘技」を惜しみなく伝える。
"I want to protect a child's smile!" "Child's smile is a treasure of the earth ...".In case
Based on the idea that more acupuncturists can do it, it was established with the aim of spreading pediatric acupuncture techniques and disseminating childhood acupuncture.However, there are many cases of mental pain, such as suicide by mothers who have suffered from child abuse and child rearing and the heart.The cause of the alarm ringing that many indications for pediatric acupuncture is included among them are "Taishi Shikisan 3 Ken Tanioka".
I swear to spread traditional treatment to young acupuncturists who said "Smile from children disappears if not done now!"The association is such a childhood gathering.Twenty years after the inauguration.
Spiritlessly convey the "secret of Daikon's style" that has been regarded as an outrage for 130 years.

大師流小児はりの特徴




★皮膚を優しくなでるととても気持ちが良いです。その気持ちよさは子どもが一番よく知っています。
一度大師流小児はりを受診し、その気持ちよさを知ると子どもは笑顔になり「またやって!」「もっとやって!」と
アンコールが来ます。
大師流小児はりを受ける子ども達はみんな「大師流小児はり」が大好きです!
子どもが笑顔になる大師流小児はり」それは「魔法のはり」とも言われています。
大師流小児はりの会ではそんな「魔法のような手」の出来る「担い手」を求めています。
★ I feel very pleasant when I gently stroke my skin.The child knows the feeling the most.
Once I visited the Daishi style childhood baby, when I learned the pleasant feeling, the child became a smile and "do it again!" "Do it more!"An encore comes.All the children who receive children of the Daishi style child love "Daishi style child glue"!"Daishi style children got a child smiling" It is said that it is "a magical beam".
At the Daishi style children 's girls' association, I am seeking a "worker" that can make such "magical hands".



大師流小児鍼の効果と他の小児鍼との違い

大師流小児鍼はヤキの入った鋼鉄でできた「三稜鍼」です。メッキで加工されています。鍼先が三面の集合で尖端は鋭利になっています。持ち手側は「鍼頭」といって丸くなっており、「鍼頭バイブレーション」等にも使用します。
しかし、鍼を刺すことには使用しません。鍼を子どもの目から見えない様に手の中に隠し、優しく鍼で皮膚表面を撫でる様に擦ります。1分間に150回程度のスピードで触れますので、羽毛で撫でられる感覚です。
 この特殊加工された「鋼鉄の鍼」によって、皮膚の「反応点」(大師流反応点)と呼ばれる部位を一定の回数と一定の圧で撫でることによって、皮膚-鍼間で化学反応が起こり、皮膚最表層にある「ケラチノサイト」から、情報伝達物質(ATPなど)を送ることに貢献します。
 また、
無毛皮膚にある皮膚固有受容器細胞のメルケル盤は、優しくゆっくりと撫でられると、機械刺激を受容し、かつ信号を求心性神経に伝えます。1)またメルケル細胞を取り囲む「C触覚線維」は、有毛皮膚のみ存在し、毛包を取り囲み、毛の動きに反応し、縦走・輪状槍型終末とともにゆっくりと刺激を伝達します 。広汎で心地よく、優しくなでられた時だけ信号を伝達し作用します2)この結果、機械的圧迫刺激などの外因によって興奮するTRPV3センサーは、ATPを放出し、コルチゾールを合成するとともに、放出するオキシトシンとカルシウムイオンの濃度変化を感知し、サイトカインを放出します。3
 大師流小児鍼は、鍼先が鈍的で皮膚にあたる上下圧がある他の小児鍼と異なり、鍼を引くように使用し、鍼先が鋭利で皮膚にあたる上下圧が小さいことが特徴です 。鍼の上下圧が少なければ少ないほど、反応点(大師流反応点)に的確に接触することが可能 となります。
 このような優しくなでるような刺激によって生じた「オキシトシン」が小児の身体の精神的興奮を抑制し、免疫力も向上させる事が期待できると考えられています。
 小児の体調に合わせた刺激量が子どもに喜ばれ、「子どもの笑顔」を作ります。こういった状況は保護者にとってもとても有効です。

Difference from other childhood acupuncture
Daishi style pediatric acupuncture is "Sanshin acupuncture" made of steel with jacket. It is processed by plating. The acupuncture point is sharp at the tip of the set of three sides. The handle side is called "acupuncture head" and it is rounded, it is used also for "acupuncture head vibrating" etc.
However, it is not used to insert acupuncture. Hide the acupuncture in the hand so that it can not be seen from the eyes of the child, gently rub it like gently stroking the skin surface with acupuncture. I touch it with speed of about 150 times per minute, so it feels like being stroked with feathers.
By means of this specially processed "material of acupuncture", a chemical reaction is caused between the skin and the acupuncture by stroking the part called "reaction point" (reaction point of Daishi flow) of the skin with a certain number of times and constant pressure , It contributes to sending information transmission substances (such as ATP) from the "keratinocytes" that are gap-bonded at the outermost layer of the skin.

Also, when the Merkel plate of the skin-specific receptor cell is pushed gently and slowly, it accepts the mechanical stimulation and transmits the signal to the afferent nerve. 1) "C haptic fiber" surrounding the Merkel cell exists at the terminal only hairy skin, surrounds the hair follicle, responds to the movement of the hair, and slowly transmits with the longitudinal and annular spear type endings. It transmits extensively pleasant signals and acts only when gently stroked. 2) As a result, the TRPV3 sensor excited by external causes such as mechanical compression chemistry stimulates ATP and synthesizes cortisol. It also senses changes in concentration of oxytocin and calcium ions released and releases cytokines. 3)

Unlike other contact acupuncture points, Daishi style child acupuncture differs from that of other contact acupuncture in that the traction pressure that draws acupuncture is small, the acupuncture point is sharp, and the acupuncture point is sharp and falls on the skin It is characterized by small pressure. The smaller the pulling pressure pulling the needle is, the more accurately it is possible to contact the reaction point (Daishi flow reaction point).

I believe that "Oxytocin" caused by such gently stroking stimulus can suppress the body's mental excitement and improve immunely. Children will be pleased with the stimulus according to the physical condition of the child, and "child's smile" is made.These situations are also very useful for parents.


1)nature
International journal of science
Published: 06 April 2014
Epidermal Merkel cells are
mechanosensory cells that tune
mammalian touch receptors
Srdjan Maksimovic, Masashi Nakatani, Yoshichika Baba, Aislyn M. Nelson, Kara L. Marshall,Scott A. Wellnitz, Pervez Firozi, Seung-Hyun Woo, Sanjeev Ranade, Ardem Patapoutian &Ellen A. Lumpkin
Nature 509,617-621 (29 May 2014)

2)Cell.
2011 Dec 23;147(7):1615-27. doi: 10.1016/j.cell.2011.11.027.The functional organization of cutaneous low-threshold mechanosensory neurons.
iL1, Rutlin M, Abraira VE, Cassidy C, Kus L. Gong S, Jankowski MP, Luo W, Heintz N. Koerber HR, Woodbury CJ inty DD

PMID 22196735 /PMCID PMC3262167
3)

田上 八朗、皮膚の医学 肌荒れからアトピー性皮膚炎まで (中公新書) 新書 – 1999/3

大師流小児はりの会

大師流小児はりの会は本部大阪を拠点とし、現在北海道の会(札幌市)・東北の会(仙台市)・関東の会(東京)・本部名古屋会場・広島の会(広島市)・九州の会(福岡市)・沖縄の会(那覇市)で開催しております。
このほか、北陸の会(石川県)・四国の会(高知県)・長野・函館・島根・鹿児島などの活動域を有し、全国の鍼灸師へ「大師流小児はりの会」として小児はりの普及活動に取り組んでおります。


大師流小児はりの会の開催予定(参加資格のある方はをクリックして申込できます)

*初心者講習会・初心者勉強会等の受講をしていない方の参加は出来ません。
2019年4月14日(日)
第四回初級・中級手合わせ会開催(東北の会 仙台開催)
2019年4月21日(日)
第五回初級・中級手合わせ会開催(北海度の会 札幌開催)
2019年5月12日(日)
第五回初級・中級・上級手合わせ会開催(本部 大阪開催)
2019年5月19日(日)
第五回初級・中級手合わせ会開催(本部 名古屋開催)
2019年5月19日(日)
第三回中級手合わせ会開催   (広島の会 広島開催)       
2019年6月2日(日)
第三回初級・中級手合わせ会開催(九州の会 福岡開催)
2019年6月16日(日)
第五回初級・中級手合わせ会開催(東北の会 仙台開催)               







【注意】caution

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.



バナースペース

大師流小児はりの会本部

〒581-0003
大阪府八尾市本町5-2-28

TEL
FAX 072−925−2416