本文へスキップ

大師流小児はりの会本部は世界中の子供たちの笑顔を守るためにある小児はりの会です。

130年の伝統治療を守り続ける小児鍼灸の老舗

〒581-0003 大阪府八尾市本町5-2-28

大師はりの歴史

130年の伝統治療匠の技を  伝授  する
 

大師はり灸療院、初代谷岡捨蔵(明海-明治23年5月9日僧名)が、現在の大師流小児鍼の創案者である。初代明海は、突く・刺す・切るための鍼である三稜鍼を、突かずに「後方に引いた」ことが始まりである。この発想の転換が、大師流小児鍼の誕生となったのである。鋼鉄の鍼を羽毛に変身させて、とても気持ちの良い小児鍼を誕生させたのだ。

Daishi Gori moxibustion hospital, Primary Tanioka Aboriginale (Meihai - Mon. Name on May 9, 1888 Meiji 23) is the inventor of the current Daishi style childhood acupuncture.The first generation Meikai began to pull the three-needle acupuncture, which is acupuncture to pierce, prick and cut, "backward" without pushing.The transformation of this idea was the birth of Daishi style childhood acupuncture.It transformed steel needles into feathers, and brought forth a very pleasant childhood acupuncture.











当時、初代明海がしていた大師流小児鍼は、後頭部から肩背部の施術のみであったようだ。現在のように手足も施術するようになったのは、二代目賢太郎からであった。賢太郎は、他の鍼灸院では手足も施術していると聞いてすぐに実行したのだ。「月見はり」を始めたのも、当時どこの鍼灸院でも行われていた風習を取り入れた事が始まりであった。大阪市内を始め近隣の町や村には、一日で何百人も小児を治療する小児鍼専門の鍼灸院が多くあった。健康保険制度が未発達だったため、医師の診療を受けるよりも小児鍼の治療費が格段に安かった時代である。

At the time, the Taikyo flower child acupuncture that the first generation Meikai did was seemed to be only the operation of the back of the shoulder from the back of the head.It was from the second generation Kentaro who came to treat the arms and legs as now.Kentaro carried out immediately as soon as he heard that other hands and feet were performed at the other acupuncturist.I started "Tsukimi Beat", and it was the beginning of incorporating customs that had been done at any acupuncture hospital at that time.There were many acupuncture and hospitals specializing in pediatric acupuncture that treat hundreds of children in Osaka city and neighboring towns and villages in one day.Because the health insurance system was underdeveloped, the treatment cost of pediatric acupuncture was much lower than receiving doctors' medical treatment.












「月見はり」とは、陰暦8月15日の十五夜に小児鍼をすると健康で生活できるという風習である。大師はり灸療院では、「月見はり」の日に850人もの来院があり、患者の重みで床が抜けた事があるそうだ。これは1回だけの話ではなく3度もあると聞くから驚きである。最後の1回は、昭和37年の「月見はり」だったそうだ。三代目賢徳も施術中の出来事であったため記憶している。

"Tsukimi Beer" is a custom that you can live healthily if you carry out childhood acupuncture on the 15th of August on the lunar calendar.At the Daishi Gori moxibustion hospital, there are 850 visitors on the day of "Tsukimi Bear" and it seems that the floor has fallen out due to the weight of the patient.I am surprised to hear that this is not a one - time story but three times.The last one seems to be "Tsunami Bear" of Showa 37.Third generant Ken is also memorizing as it was an event during the operation.












昭和40年代に入り、核家族化が始まり少子化の傾向もみられ、小児患者が減少し出した。そのころ(昭和45年頃)から小児鍼の講演依頼が時折くるようになった。賢徳は「手の内をあまり見せないように」と賢太郎に釘を刺されたが、より多くの鍼灸師に良い治療法が知れ渡れば、多くの病人を救うことができると考え、広める活動を行った。始めは、手持ちの大師流小児鍼が十数本しかなく、助手が卒業したときにあげる分にも欠けていた。いくら講演しても、道具がなければ実践出来ない。10から20本程度なら作れるという職人に出会ったが、大量に作れる職人はいなかった。十数年後にようやく納得のいく鍼を大量に作ってくれる職人に出会い、安心して講演会を行う事ができるようになった。

In the early 1960s, nuclear familization began, with a trend towards declining birthrates, pediatric patients declined.From that time (around 1945), a request for childhood acupuncture lecture began to occasionally.Kenzoru was stabbed by Kentaro, "Do not show the inside of the hand too much", but thought that better treatment methods could be known to more acupuncturists, we thought that many sick people could be rescued, and spread the activity.At the beginning, there were only a dozen dojo teacher pediatric acupuncture, and it was also lacking for the assistant to give up when graduating.No matter how much you give a lecture, you can not practice without tools.I met a craftsman who could make 10 to 20 bottles, but no craftsmen could make a lot.After more than ten years, I finally came across a craftworker who made a large amount of convincing acupuncture and was able to do lecture with confidence.

















平成2年に「医道の日本」誌へ大師流小児鍼の連載を開始した。これを機に、新聞・テレビから取材を受けるようになった。現在のように初心者講習会や手合わせ会を行うまでには、様々な活動がもとになっている

In 1990 I started serializing the Daishi style childhood acupuncture to "Medical Doctor of Japan" magazine.Taking this as an opportunity, I got coverage from newspapers and TV.Various activities are based on beginners' training sessions and meeting sessions as it is now



小児鍼の研究発表がなされ、多くの流派が参加されることにより、小児鍼の普及になる。そして世界に広がる足がかりとなる。世界中を捜しても、小児鍼ほど簡便で有効な治療法はない。これは関西の文化である。小児鍼文化を世界に広めることが我等の使命である。大師はり灸療院の治療技術は、小児鍼のみならず大人治療においても独創的なすばらしいものを持っている。毫鍼·三稜鍼·灸の使い分けや刺激量の判定法も独自なものである。施術点の選別法も触診を重視した独特の方法である。腹部打診による診断と施術点の推測は、賢徳の発案と自負している。大師はり灸療院の治療を一言で言うならば「体表の声を聞く」である。(大師はり灸療院120周年記念出版 大師はりの歩み  より一部抜粋)

Presentation of pediatric acupuncture research was done, and many schools participate, spreading pediatric acupuncture becomes popular.And it becomes a foothold spreading to the world.Even searching all over the world, it is as simple and effective treatment as pediatric acupuncture.This is the culture of Kansai.Our mission is to disseminate pediatric acupuncture into the world.Takashi Arari Therapeutic technique of moxibustion hospital has ingenious and wonderful things not only for pediatric acupuncture but also for adult treatment.Different use of acupuncture, Sanshin acupuncture and moxibustion and judgment method of stimulus amount are unique.The method of selecting treatment points is also a unique method that emphasizes palpation.Diagnosis by abdominal consultation and estimation of operation point are prided with the idea of Kende.If you tell me about the therapy of the Daishi Gori moxibustion hospital in a word, it is "listen to the voice of the body surface" (a part of excerpt from Daishi Gari Do moxibustion 120th anniversary commemorative publication campus giho)




【注意】caution

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.



バナースペース

大師流小児はりの会  本部

〒581-0003
大阪府八尾市本町5-2-28

TEL
FAX 072−925−2416